やってはいけないこと

機械式時計の正しい操作方法をご存知ですか?

知っているつもりになっていたり、正しいと思ってやっていることが本当は間違った操作方法だったら・・・・

折角買った大切な時計を末永く愛用するためにも正しい操作方法を知っておきましょう。

やってはいけないこと

以下の項目は間違いですから、ご注意ください。

1.リューズを素早く回すこと

ついつい早めにリューズを回してしまいがちですが、早く巻き上げる方法だと輪列機構が高速回転してしまい歯車の摩耗を招きます。

あまり神経質になる必要はありませんが、1秒に1回転くらいで巻き上げるようにしましょう。

2.日付調整はいつでも可能

日付調整の早送り機構がついているモデルの場合は、20時(午後8時)から翌04時(午前4時)までの間は、カレンダーを調整してはいけません。

この時間帯は、カレンダーの円盤と送り車の歯車がかみ合っていますので、無理に動かすとそれぞれの歯車を壊してしまう可能性があります。

3.時計は使わずに保管した方が良い

機械式時計は長く使用しないでいると内部の油が固まってしまい、リューズの操作不良やパワーリザーブの短縮、パーツ同士の摩耗などを招きます。

長く使用しない場合は、ワインディングマシンを使うか、少なくとも2ヶ月に1回は動かすようにしましょう。

4.故障がないからオーバーホールはまだいいや・・・・

オーバーホールは4年に1回の間隔で行った方が良いです。

この時期を超えると内部の油が古くなっていますし、切れている場合もあります。そのまま使用を続けると故障の原因となり、部品交換になったりするとオーバーホール代より高くつく場合がありますので、定期的にオーバーホールに出すようにしましょう。

5.クロノグラフは常に動かした方が・・・

基本的に、クロノグラフは平時は止めておき、必要な時に作動させることを前提に作られています。
常に動かし続けると、ムーブメントのクロノグラフ機構に余計な負担がかかり、部品を激しく損耗させてしまいます。
長持ちさせるためには必要な時だけ作動させるようにしましょう。

6.購入時についている裏蓋のシールを剥がさない

あまりいないと思いますが・・・・

裏蓋の保護シールは初めて腕に着ける前に外すのが正解です。

そのままにして使い続けると、汗が保護シールの内側に入り込み、水分が溜まり、ひどいときには錆が発生することもあります。

7.時計を振って動かし始める・・・・

早く巻き上げようと、時計を大きく振るのは止めてください。

時計はリューズで巻き上げるのが鉄則です。

時計を振ったときにゼンマイを巻き上げる力は、リューズで巻き上げる力と比べて格段に弱いのです。

それを一生懸命降るのですから、激しい振動によってローター軸に大きな負担がかかってしまい、正しく回転しなくなってしまう可能性があります。

8.携帯電話と一緒に・・・・

一番やっちゃいそうで注意しなければならないのが、携帯電話と一緒にバッグの中にしまったりすることですね。

ガラケーもスマホ、タブレット全て磁気を発生させています。

5cm以上話しておけば影響はほとんど受けませんが、密着した状態で置いておいたり、バッグに入れたりすると帯磁する可能性があります。

 

正しい使い方を知って、いつまでも愛用したいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です